◆部活動の様子

演劇部

演劇部・下半期レポ②

令和元年12月23日(月)

演劇部

(演劇部・下半期レポ①のつづき)

 

今年の福島県大会は、11月22日・23日・24日の3日間、

いわき市のアリオス中劇場で行われました。

 

今年は、県大会がいわき地区開催、なんと本校が事務局!!

その結果、いわき総合高校演劇部・我らが部長・渡邉佑子が生徒実行委員長を務めるほか、

生徒実行委員として、生徒たちは大会期間中にさまざまな係で頑張ってくれました。

大会2日目の夜、25年ぶりに復活した中夜祭(出場校と開催地区高校の生徒による交流会)での、

いわき地区の演劇部の演劇部員たちが協力して、ともに県大会を盛り上げる姿は本当に素晴らしかったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、本校の上演は3日目の最初。

中夜祭後、かなり遅い時間の舞台設置となりましたが、生徒たちが集中力を切らさずにやりきる姿は誇らしかったです。

 

盛りだくさんの県大会、

結果は、「優秀賞第2席(第3位)」をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと一歩で東北大会への出場は叶いませんでした。

1、2年生を東北大会に連れていきたい、と思いで臨んだ3年生が悔しくないはずありません。

しかし、【福島県高等学校総合文化祭・活動優秀校公演】での上演校として推薦いただき、

あともう少しだけ、みんなで『まんまミィラ』を作り続けられることに感謝してリスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲赤ジャージの3年生。演劇部として最後の舞台へ。

 

ちょっと前のことやずっと前のこと。

ちょっと先のことやこれからもずっと続くこと。そして、今のこと。

高校生が感じる、考えることをそのまんま作品に詰め込みながら、

地区大会からこれまで、

生徒たちとともに『まんまミィラ』という作品もゆるやかに絶えず変化し続けてきました。

 

そして、先週末15日(日)1・2・3年生で活動する現在の体制での最後の舞台を無事に終えられることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲前日のリハーサル。実行委員の先生方、生徒、ゆめはっとのスタッフのみなさんのおかげで安心して臨めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲福島県高等学校文化連盟のマスコット「ぺしゅ。」近くで見てもかわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠いところ、いつもと変わらずに足を運んでくださった保護者の皆さま、本当にありがとうございました!

そして、3年生の保護者の皆さま、

3年間、存分に打ち込む演劇部の活動を、いつも力強く支え続けてくださりありがとうございました。

3年生、本当にお疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲1年次が遠足、2年次が修学旅行で3年生だけでのある日の部活(地区大会前)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲箱馬、座布団をなんか嬉しそうに運ぶ3年生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲本番12月15日、朝・宿舎の展望台にて。

 

3年生の思いは後輩たちへ。

新体制、動き出してます!演習室は系列演劇の東京公演へ向けた稽古で使用中ということで、

斬新な活動風景。クラスかな?っていうこの人数。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数に埋もれず、それぞれの魅力・力を引き出し合える仲間になってほしいですね。

 

それでは、来年の演劇部もよろしくお願いいたします!

皆さまよい年をお迎えください!

 

演劇部公式ツイッター

https://twitter.com/iwaki_ahiru013

 

演劇部の下半期レポ①

令和元年12月23日(月)

演劇部


あっという間に12月ももう終わり、寒くなりました。

めっきり更新できていませんでしたので、

演劇部の下半期の様子をどどん!とまとめてご報告いたします!


最近のことから。


演劇部は、先週末12月15日(日)に、

南相馬市民文化会館「ゆめはっと」で行われた【福島県高等学校総合文化祭 活動優秀校公演】にて、

『まんまミィラ』という作品を上演いたしました!

【福島県高等学校総合文化祭 活動優秀校公演】全体のトップバッターでした!

 

夏休み以降のこれまでの約4か月、

秋のコンクールへ向けて、創りあげてきた作品がこの『まんまミィラ』という作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲「ナイトハイク」という学校行事を通して進んでいく作品となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲「平」のまちについてのシーン。夜の町並みということで、街灯が輝いています。

 

今考えていること」をもとに、ゼロから創りあげる、というやり方はそのままに作品づくりをしたい!

だからこそ、夏休み明けから、はじめに「既成の戯曲を、各班に分かれて稽古→みんなで観劇」という取り組みをしてみたり、研究班を作ってさまざまな表現の仕方について考えたり、自分たちの作品づくりのやり方とも向き合いながら創作活動を続けてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲秋のコンクールに向けて、演出・演出助手、各部署チーフからひとこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲3年生の研究班メンバーによる舞台講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲街灯も研究班が試行錯誤しながら作りました。懐かしの原型。

 

「素直」をテーマにしたいわき地区大会(10月19・20日)。

直前に台風被害があるという大変な中でしたが、なんとか『まんまミィラ』を仕上げ、

上演することができました。結果は「最優秀賞」をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地区大会後、審査員の阿部順さん、綾門優季さんからいただいた言葉をもとに、改めてみんなで話し合いました。

 

特に、いわき市の「平」に関する場面について、台風を境に、作品を創りはじめた頃と現在ので観る人も、私たちにも小さな変化があること、それと向き合うことの意味を確認しました。「平」とか、自分の生まれた所を見つめる目、気持ちも、当たり前だけど、人それぞれなんだなあと感じた話し合いでもありました。

 

そして、「自分の世界だけでは気づかなかったこと」を新テーマとして、

大部分を見直して、県大会への新たな『まんまミィラ』の作品づくりが始まりました。

 

 

そんな作品づくりの中、

校内文化発表会(11月1日)では、裏方スタッフとして奔走しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台で輝くのも好きだけど、裏方として輝かせるのも好きな演劇部員たちです。

 

そして、県大会を前に部員たちへの激励として、

演劇部OG保護者の松本さんと演劇部15期生のOB・OGが、業者のケータリングを凌駕する豪華なカレーパーティーを開催してくださいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな方からのあたたかい応援をうけて、県大会へとラストスパート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校演劇では、「上演時間1時間」という規定があります。

一生懸命作ってきたシーンの中でも、本番直前で泣く泣く削らざるをえない部分もありました。

それでも、どうやったら観てくれる人により伝わるかを大切に、生徒たちはギリギリまで作品に向き合っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲体育館を借りての実寸稽古・通し。

さて、県大会の結果は…?

 

演劇部・下半期レポ②へ続く!

NHK「綾瀬はるかの ふくしまに恋して」出演について

演劇部がテレビ番組に出演します。

綾瀬はるかの ふくしまに恋して
~高校生がつくる自分の町の物語~(NHK総合)

 放映予定
□12月10日(火) 10:45~10:50(前編)
□12月11日(水) 10:45~10:50(後編)
□12月12日(木) 4:00~ 4:01(出会い編)
□12月13日(金) 4:00~ 4:01(将来の夢編)
□12月14日(土) 4:59~ 5:00(脚本づくり編)
□12月15日(日)10:53~10:54(ダンス編)
 再放送
□12月16日(月)23:45~23:50(前編)
□12月17日(火)23:45~23:50(後編)

 詳細は番組ホームページでお確かめください。
 https://www.nhk.or.jp/ashita/fukukoi/ 

演劇部で大掃除!

令和元年7月20日(土)

演劇演習室他、南校舎各所

 

7月19日(金)に全校集会を行い、いよいよ本校も夏休みです!!

夏休み初日の演劇部の活動は普段から活動で使わせてもらっている部屋や南校舎各所の「大掃除」です。

みんなで相談して、各場所に分かれて丁寧に掃除をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって見ると備品もたくさんあって、改めて恵まれた環境で活動していることを実感します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲普段は備品が大半を占める演劇実習室からも全部物を出します。

この日は天気は悪いものの、気温湿度が高く、体を少し動かしただけでもだらだらと汗が流れていきます。

蒸し暑い中、1日中よく頑張ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々活動できることへの感謝を掃除を通して部員みんなで伝えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今週からは来週に迫った「中学生体験入学」へ向けてラストスパートです!

今年も演劇部は、全体会の動画の製作などを任せてもらっています。

部員全員で作り上げた学校紹介ムービーなどでいわき総合高校の魅力が伝わればと思います。

もちろん部活動見学での演劇部のパフォーマンスも準備中です!

体験入学へお越しの皆さま、お気をつけてお越しください!

 

いわき地区高校演劇 春の発表会!

令和元年6月29日(土)

いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場


6月29日・30日(土・日)に「いわき地区高等学校演劇発表会」、通称“春発(はるはつ)”が開催されました!

新入生を迎え、1・2・3年生での初めての作品作りとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルは『なんてこった!』、

生徒たちの、“舞台上は自由だ!”という思いが形となり、春発のテーマであった「楽しむ」ことを、余力残さずに全力でやれていたのではないかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生は入部してから発表会まで、慣れない環境の中でも「自分たちができること」と懸命に向き合ってくれていたように思います。

2年生はいよいよ“先輩”になり、まだまだとまどいだってある中で、作品作りの中核を任されるなど「挑戦」の発表会でした。

3年生は最後の発表会、大勢の後輩たちとどうやって一緒に作品作りをしていくのか、試行錯誤しながら必死で本番まで辿り着きました。今回得た思いが次の活動への原動力ですね。


今回の発表会でいただいた講評やアドバイス、たくさんのご意見とじっくり向き合って、

次へと進んで行きましょう。


最後になりますが、観劇に足を運んでくださった保護者の皆さまはじめとする多くの皆さま、本当にありがとうございました。

そして、満席により、わざわざお越しいただいたにもかかわらず観劇することができなかった皆さま、本当に申し訳ありませんでした。

今後どのような改善策が考えられるか、しっかりと協議していきたいと思います。

引き続き、いわき総合高校演劇部をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表会を終えての反省会も月曜に終え、次は本校の「中学生体験入学」に関する活動へ進んでいきます!

「中学生体験入学」では裏に表に、さまざまな役割での活動です。がんばるぞ!