授業の様子

芸術表現系列(演劇)

「文化祭specialLIVE!」本番!! 演劇系列13期生

平成29年3月11日(土)
演劇系列13期3年次卒業生

 
パルテノン多摩(東京)「演劇人の文化祭『文化祭special LIVE!』」に参加して参りました!
演劇系列13期生は「いわきっ子」として、「ロロ+EMC」の舞台に特別参加。


リハーサルの様子。ロロやEMCの皆さんとの一緒の舞台。

いわき総合生として制服に袖を通しての最後の舞台。

鮮やかな照明の中、観客席から舞台を眺めます。
素晴らしい劇場で舞台に立たせてもらえることの有難さ。


本校校長も応援に駆けつけてくれました。


本番は、ロロやEMCの皆さんのサポートもあり無事に成功。
一生の思い出がまた一つ。

 
教員陣から少し遅めの卒業記念品。家に帰ってから袋を開けてね。

EMCからオリジナルTシャツのプレゼント!
江本さん、松本さん、ヒラノさん本当にありがとうございます。

そしてロロの三浦直之さん、島田桃子さん、このような素晴らしい機会まで作っていただき、改めて教員一同感謝申し上げます!
四月からの彼女たちにとって、この一年での経験がきっとどんな場面においても、揺るぐことのない強みになるだろうと思います。
たくさんの素敵な時間を本当にありがとうございました。


いつものように輪になってーーー。

それぞれの場所に行っても、
顔を合わせて、言葉を交わし合える20人で。

「文化祭specialLIVE!」自主稽古中! 演劇系列13期生

平成29年3月5日(日)
演劇系列13期3年次卒業生

 
今日は日曜日。
13期生、卒業式を終え早4日。
なのに朝から彼女たちが登校しているのは、きっと学校が大好きだから???
まだ卒業したくなかった???

 

実は13期生、江本祐介さんのMV参加の縁もあり、3月11日(土)
東京
パルテノン多摩 小ホール
で行われる
「文化祭 special LIVE!」への参加が決まっています!!

卒業公演の演出家三浦直之さん。
『ライトブルー』MVで監督を務めて下さった松本壮史さん。
MVで舞台美術を担当しアニメーション作家としても
                                                 活躍中のひらのりょうさん。
この3名からなるEMCこと
              「エンジョイ・ミュージック・クラブ」の皆さま!!
さらに!!
三浦さんが主宰する劇団「ロロ」のメンバー、そして江本祐介さんと一緒の舞台に立ってのラストパフォーマンス!

もう一度言います。
本当に本当の
  ラ・ス・ト!!パフォーマンス!!!

本番に向けて、
観に来て下さる方々、そして今日までいわき総合高校演劇系列13期生に関わり支えて下さったすべての皆さまへの恩返しの意味も込めて、全力で稽古に励んでいます!!
さあ最後まで踊りぬけ!頑張れ13期生!!


※チケット残りわずかとなっております。
 ぜひ!という方は、下記パルテノン多摩HPよりお問い合わせください。

☆2017年3月11日(土)14時~
 ロロ + EMC feat いわきっ子
   「文化祭 special LIVE!」@パルテノン多摩  小ホール
 
http://parthenon.or.jp/act/2951.html


卒業式後。思い出の詰まった演劇演習室にて。

信頼ゲーム!!

平成29年2月7日(火)5・6校時
演劇系列14期2年次生10名 「演技・演出」


ん??
何やら皆で密談中……。
なんの話をしているの?


よーく見ると中央に一人倒れてる??

  
せーので囲んで、これがこうなり、……こうなります。


 
皆の力で一人を運びます。誰かに任せるのではなく一人ひとりの責任感が試されます。


そして支えてくれている皆を信頼できるかも大切です。
リラックスして身を委ねることができれば大成功です。

三年次「舞踊」の授業

平成29年1月末
演劇系列13期3年次生

演劇系列には三つの舞踊の時間が設定されています。

以前の記事にも紹介させてもらいました『日本舞踊』。
花柳寿美正代先生による三年次生限定の選択授業になります。


『日本舞踊』最後の授業前に行われた花柳先生との昼食会。


それ以外の舞踊の授業には、
郡真由美先生による『モダンバレエ』。
バーレッスンをはじめ、バレエの基本と踊りを学ぶことができます。
写真は、三年次生最後の授業の様子。
未来に向かって羽ばたく三年次生に向けて、力強い言葉を頂きました。

   

郡先生を囲んで。


そして、『JAZZ・HIPHOP』の授業を担当して下さるのはSAYUKI先生。
やはり写真は三年次生最後の授業。
今日まで練習を重ねてきた創作ダンスをお世話になった担任の先生方や校長先生に披露。
感謝の想いを踊りに込めて。
 
 
 

最後はSAYUKI先生と。


演劇系列では、「舞踊」の授業において各ジャンルのプロフェッショナルな外部講師の先生方をお招きし、これらの授業を行っています。

自分の身体を正しく自分自身でコントロールする。
当たり前のことのように聞こえますが、これは本当に難しいことです。
「舞踊」と「演劇」のつながりを日々感じながら
今後も授業での生徒たちの様子を発信していきます。

第14期生 「自画像」公演!!

平成29年1月17日(火)
16:00 演劇演習室
演劇系列14期2年次生10名 


昨年の10月から始動した「自画像」公演の稽古。



14期生10名、エンジンがかかるまでなかなか時間がかかり、全員が完成まで漕ぎつけたのも本番当日の5・6時間目(汗)※本番は放課後でした……

どうなることかと心配や不安もありましたが、最後までもがき苦しみながら自分自身と向き合った系列生。苦しんだ分だけ、それぞれに想いの詰まった作品になったのではないかと思います。

   

本番は、校内の生徒たち、部活動単位で観に来て下さった皆さん、先生方、外部の方々、本当にたくさんの皆さまに来場いただきました。
放課後のお忙しい時間にも関わらず、系列生10名のために足をお運び下さり誠にありがとうございました。

最後に。
過去の先輩たちがそうであったように、演劇系列第13期生3年次生と演劇部のみんなが、前日・本番当日と身を粉にして働いてくれました。
あれだけ大掛かりな客席を組むのは簡単なことではなかったはずです。
発表の際も舞台裏スタッフとしてあっちへこっちへと気を利かせて動き回ってくれました。
皆の力があってはじめて成立するのが、この『自画像』公演なのだと改めて実感することができました。たくさんの協力本当にありがとうございました。
振り返りでの後輩たちへ向けた三年生たちの言葉。先生たちも忘れません。

さあ、14期生!
先輩たちの姿勢・言葉をしっかりと心と身体に落とし込んで、「自画像『後』の生活」をしっかり歩んでいこう。

    
▲三年生の後ろ盾を受けて……  ▲今が自立のとき!がんばれ14期生!

1年早い文化祭??

平成28年12月10日(土)・11日(日)
演劇系列13期3年次生

師走の抜けるような青空。


土、日にも関わらずたくさんの生徒が登校しています。
目的はもちろん三年に一度の「文化祭」!!

    
   
    
       
出店には、たこ焼き!焼きそば!かき氷???
絵やポスターで賑やかになった中央階段。
出し物はお化け屋敷にダンス披露??
卒業生たちも母校での文化祭にたくさん遊びに来たよ!

あ、校長先生!
半袖姿ですがどうしましたか?今は12月ですよ~(^^;


んーーーー、ん?
あれ??
そういえば、「文化祭」って来年じゃなかったでしたっけ???

日曜日の校舎より。~演劇系列13期生~

平成28年11月27日(日)
演劇系列13期3年次生
 
小雨降る日曜日の学校。

たくさんの大人たちと演劇系列13期生の姿。

卒業公演は8月に終わっているはずなのに、
そこには劇団ロロ演出家「三浦直之」さんの姿も!?

何が起こっている??
何が始まる??何?何?何なのぉおおっー??


    
▲謎の大人軍団!あなたたちは誰??  ▲13期生、三浦さんと再会!!

           
▲仲良く踊ってると思ったら……       ▲雨の中喧嘩はやめぇーーいっ!

     
▲真剣に耳を傾ける系列生たち。   ▲なぜそんなに真剣なのだね??


▲中心に大人。そして系列生の大きな輪!輪!!輪!!!

一体何をやっとるんだぁぁあーーー??
うー--ー、早く言いたいけど……まだ言えない(*_*;

以上、11月27日「系列生の怪しい動き」についての報告でした!!
情報解禁になり次第、詳細についてお伝えしようと思います!

本田浩之さんによる特別授業~舞台を組んでみよう~

10月25日(火)5・6校時
演劇系列14期2年次生「演技・演出」

今年も、二年次生「演技・演出」の授業に

いわき芸術文化交流館アリオス 
舞台統括マネージャー
本田浩之さんが来校して下さいました!




本田さんによる特別授業は本年度も本日で三回目。

前回の「箱馬作り」に続き、
今回は演劇演習室(通称「アトリエ」)に平台を使って舞台を組んでみることに。


今日の日のために、系列生たちは「舞台図面」を作成してはいたのですが、実際に組もうとするとなかなか簡単にはいきません……。



真剣に本田さんからのアドバイスに耳を傾けます。

授業の最後には、本田さんの手によって平台と抜き板を繋ぎ強度と安定感を増した簡易舞台。
「100人乗ってもだいじょーーーぶ!!」ならぬ
2年次系列生全員乗ってもだいじょーーーぶ!!を見事再現!!


今だから言うけど、先生たち大人も 本当は上に乗りたかった……。
……う、うらやましいぞ。



本田さん、次回の授業もよろしくお願いします。

演劇系列って何?

演劇系列って何??

いわき総合高校には6つの系列があります。(※本HP「総合学科→系列」参照)
その6つの中の一つが「芸術表現系列」です。
芸術表現系列は、さらに「音楽」「美術」「演劇」に分かれています。


二年次、三年次と二年間を通して「演劇」の授業を学ぶ生徒を演劇系列生と呼んでいます。演劇系列生は、二年間のあいだに「演劇」に関する様々な授業を履修します。

「演劇」に関する様々な授業の中において、各年次メインとなる授業が、二年次の『演技・演出』三年次の『演劇総合演習』です。各年次とも、それぞれ週4コマ授業が設定されています。
※ちなみに演劇系列生は、上記以外の「舞踊」(モダンバレエ・JAZZ・HIPHOP・日本舞踊)の授業において、各外部講師の先生方から合わせて週4~6コマの専門的・技術的な指導を受けることになります。


演劇系列各年次の主な取り組み

二年次には、学年末に自画像というモノローグ作品を校内にて公演します。生徒一人ひとりが、自分自身を見つめ、自分自身を題材として作品を創作します。
「ももクロ」主演の映画『幕が上がる』では、『肖像画』という名前でこれらの取り組みが取り上げられています。(興味がある方はぜひ……(^^)/)

三年次には、プロの演出家をいわきにお招きしての卒業公演」。今年度の13期3年次生は、劇団ロロ主宰の三浦直之さんのご指導の下、8月13日、14日といわき芸術文化交流館アリオス小劇場にて魔法を公演しました。

ちなみに二年次生は、舞台スタッフとして三年次生を裏方からサポート。先輩たちの演技に心震わせながら、次年度の自分たちの公演へと思いを馳せていました。

今回紹介したのは、演劇系列の数ある活動(授業)の一部です。これらの活動を通しながら演劇系列生は毎日の授業で「自分自身」と向き合っています!



演劇系列13期生 卒業公演『魔法』

「日本舞踊」 校内文化発表会に向け猛特訓中です!!

10月24日(月)5・6校時
演劇系列13期3年次生「日本舞踊」

演劇系列(「演技・演出」)の授業を二年次に履修していることを条件に、三年次で日本舞踊の授業を選択することができます。

本年度からご指導下さっているのは、
花柳寿美正代先生。
着付けの基本から日本舞踊における所作、伝統的美意識について丁寧に学ぶことが出来ます。

   


本日は、今週金曜日に行われる校内文化発表会に向けた最後の授業。
本番で着用する振袖、羽織袴姿で決意の集合写真!!



ご指導いただいた半年間の成果を皆さまにお見せするためにも、
頑張れ系列生!!
頑張れ教員2名!!(足を引っ張らないように頑張ります……(^^;)